LIFE WORK  ライフ ワーク

「ライフとワークはスパッと分けられない」

なぜなら、ライフは「命」だからだ
ワークはライフに取り込まれている
つまり、ライフのなかにワークがある

ワーク以外にも、友人、家族、趣味、副業…がライフのなかに取り込まれている
よって、ライフの安定は、生業のパフォーマンスの安定や人生の充実度につながる

ワークのためにライフがあるのではない

さらに、自分の命(ライフ)を生きていると
ワークは「仕事」から「使事」になる
会社にやらされるのではなく
世のなかのために「使事」をするよう変化する

何の使者としてこの世に生まれてきたのか
一人ひとりが思い出して生きていく必要がある

LIFE WORK  ライフ ワーク
トップへ戻る